5号機のキンパルに寄せた期待も空しく。

2016-08-24

鳴り物入りで導入された5号機版キングパルサーですが、その人気はいまいちでしたね。
それも無理も無いでしょう、演出だけはほぼ昔のままでありながらもその内部システムはほとんど沖ドキと一緒だったのですから。初代キングパルサーと言えばストック機におけるジャグラーのようなものであり、当時良く打っていた身としては寂しいものであります。
しかし最初は期待したのですよ。初打ちで見事連チャンモードに突入してくれたものですから。確か連チャン後100くらいで止められていた台を試しに回してみると、ものの数ゲームでボーナス確定、しかも1G連ゲットという感じでした。その後しばらくはボーナス終了時のカエルが何匹だろうが、全く演出が起きなかろうが32G回せば必ず当たるというもので5号機のキンパルもやるじゃないか、と思ったものでした。
ところがそれっきりですね。あれから幾度と無くゾーン周辺の台を打ったり、800くらいから天井まで打ったこともありましたが初当りこそ引けても連チャンモードに突入したことはただの一度もありません。初代キンパルってストックがあれば初当り後の連チャン期待値は70%くらいあるんですよ、信じられます?
もちろん5号機で同じ仕様が出来るとは思っていませんでしたが、まさかここまでとは思いもしませんでした。

コメントはまだありません

コメントは停止中です。